名無の意見禄

実態のない人間の徒然草

読書記録8:一神教と戦争

 部屋の大掃除と大学の授業で読書の時間がめっきり減ってしまった。去年は正直暇の極みみたいな大学だったので,大学生ってこんなに忙しいんだと実感した。とはいえ看護学校などの医療系学校や栄養学科程忙しくはないので,弱音は吐いてられない。

 この本は実は去年受験勉強の気休めに読もうと思っていたのだが,いくら大学が暇だからってそんな余裕はなかった。本読むより勉強がスタンスだったので,結果”積読”状態になって埃をかぶっていたのを受験が終わったタイミングで読んでみようと一週間位かけてちょっとずつ読み始めた。早速感想に移りたいと思う。

 まぁ中田先生は非常に危なっかしい。これが第一印象だ。確かに主張はわからなくもないが,イスラムに偏りすぎている。それでいて,御本人が中立のようにふるまっているから余計怖い。時折それを橋爪先生が諭すように反論するといった流れが多々あった。ここに宗教学の恐ろしさがあると思う。あくまでも宗教は”学問”の一種としての範囲までにしておかないと,本当にどっぷりつかって人生を破滅しかねない。一線を引いて第三者,客観的視点で研究をすることが大事なのだと見ていて思った。

 ただ,日本のイスラム教について学ぶべきだという中田先生の意見には私も賛同する。日本人は宗教というものに疎いし、オウム真理教統一教会,創価学会の影響もあってか宗教を嫌悪する人も多い。それに教育基本法第9条によって公共機関が運営する教育機関では宗教教育というものが禁止されている。

第9条 (宗教教育):文部科学省 (mext.go.jp)

よって殆どの人は自分から知ろうと思わなければ知らない世界となる。まぁ,世界史でちょっとはやるだろうけどあくまで歴史的事実と文化作品だけであって教義の内容までは教えられない。理由は上記の通り,公立や市立では宗教教育は法律によって禁止されているからだ。以上の様な背景があって日本人は宗教というものに疎くなった。しかし,そうも言ってられないご時世となった。グローバル化が進む中で海外の人々が大切にしている宗教というものを少なからず理解し,配慮しなければならなくなったのだ。これが出来ないと殺傷事件になりかねなくなる。フランスの出版社「シャルリー・エブド」がイスラム教徒によって襲撃されたのは記憶に新しい。

シャルリー・エブド襲撃事件 - Wikipedia

このような事件も未然に防止するにはやはり,学問的な観点での宗教教育は必須だろう。特にイスラム教徒とのトラブルは非常に厄介だ。前述の「シャルリー・エブド襲撃事件」の他にもイスラムとその他の民衆とのトラブルから発展した事件は数えきれない程ある。今後アフターコロナの時代になれば国際交流がもっと盛んになる。そうしたら日本でもこのようなトラブルが起こる日はそう遠くないのかもしれない。それを防ぐ為にも他宗教特に理解と配慮が必要なイスラム教を学ぶべきだという意見に賛同したい。

 貴書ではキリスト教イスラム教の比較が主な内容となっている。この2つの宗教は所謂姉妹宗教と言われ,起源をたどると同じ場所に行きつく。それなのに考え方や捉え方が根本から違うというのは非常に面白い所であった。やはり起源が同じとて,地形や歴史背景が違うと価値観が違ってくるようだ。その違いから,現代の問題に対してどのように対処していくのか,どう解決していくのかを後半に述べている。そこから,人と人の価値観にもろに影響を及ぼす宗教は切っても切り離せないものであるのだと気づかされた。一見関係ないような国際経済に関してもにもイスラムの規範や価値観が付いて回るし,何より意外だったのは原子爆弾に対する考え方や戦争に対する考え方にまで宗教から派生した価値観が影響してくるというものだ。そこにキリスト教が戦争に強かった理由,逆にイスラム教がイマイチだった理由も含まれていた。

 最後に言いたいのは,私達日本人もその価値観の波に飲まれているということだ。日本は敗戦を機にアメリカの統治下におかれ、西洋主義的な考えが跋扈するようになった。今でもそれは続いており,英語重視であったり,アメリカの大学を出たと言えば向こうでは「え?そこなのww」と言われるような場所でもちやほやされる。何かあればアメリアメリカとアメリカを神聖視しているような感じがする。(最近はアメリカから韓国に代わってきたような気もしないでもないが。)しかし,このアメリカ教が非常に良くない。西洋方式の価値観をいい加減外して,客観的な目で見てみた方がいいような気がする。そうしたら,自然を差別はなくなるだろうと思う。

 思ったことを殴り書きしているだけなので非常に長くなった。私は史学科から法学部に転向したが,それでも歴史や宗教が出来る限り学びたいと思う。時間と資金が許すのであれば史学科にもう一度行きたいまで思っている。法律と歴史を合わせて,現代の社会問題の提起や解決策を提示,啓蒙できる人間になりたい。

 

 

一神教と戦争 (集英社新書)

一神教と戦争 (集英社新書)

 

 

読書記録7:超快速勉強法

 本当は4日前にこの本を読み終わっていたが,返却する前にメモらなければならないことが沢山あって億劫になりすっと放置していた。何ならこの4日なんだかんだ言って本も読んでないと思う。そういう日があってもいいさ。と自己弁護をしてみる。なんせ義務になったら楽しくない。義務教育も過ぎた今せめて勉学だけは楽しく,無理なくありたいものだ。

 前置きはさておいて,この作者2人中々の経歴をお持ちだ。中小企業診断士やFPIなどの難関資格を大量所持している。ただ我々凡人が参考にできるかといったら正直言って微妙。だって,2人とも出身大学青山や中央だし。元々自頭がいい人達だし。そういう人たちが「自分は無能でした」なんて言いながら盛大にパレードするから,勘違い野郎が大量発生するわけで,大変困ったものだからもう辞めて頂きたい。

 ただ言っていることは間違いではないし,メゾットも使える。割と実行しやすい。書いてあることは当たり前なんだけど,そこどうクリアするかまで書いてくれている。だから何をすればいいかが明確になり取り組みやすさが変わる。特に隙間時間の見つけ方。好きなことを可視化したうえで優先順位を決め,そこから取捨選択をしていく。朝昼晩に分けてどの時間に何をしたかを書いたうえで時間を捻出する。他にも,ノートまとめよりもテキストに直書き,そのうえでどういったコツがあるのか等々他の著作ならば一言二言で済ませているようなものにも,”具体的に何をすればいいか”が明記されているので「そんなのわかってるよ!でもどうすればいいかがわからないんじゃあないか」といった現象に陥りにくい。それがこの本の魅力だと言える。

 しかし,こういった「快速勉強法」みたいな楽できます!みたいなのはあてにしない方がいい。それと同義で”逆転合格”なんてのも信用しないのが身のためだ。そんな世の中甘くない。結局この本だって3か月はコツコツやらないといけないし,楽できるわけではない。それでも人は楽できるという文言に非常に弱いからそういった甘言で釣るのは多々ある事ではある。しかし基本的にそういう人は痛い目を見る。世の中簡単に逆転できる何てことあり得ない。頑張った人でさえ報われない世の中なのだから,今まで頑張ってこなかった人が一念発起して頑張ったところでたかが知れている。そうならないためにも早いうちからコツコツ努力していかなければならないのだと私は大学受験で学んだ。メゾットは使えるが考えには賛同できかねる。これがこの作品に対する私の態度である。

 

超快速勉強法

超快速勉強法

 

 

読書記録7:超快速勉強法

 本当は4日前にこの本を読み終わっていたが,返却する前にメモらなければならないことが沢山あって億劫になりすっと放置していた。何ならこの4日なんだかんだ言って本も読んでないと思う。そういう日があってもいいさ。と自己弁護をしてみる。なんせ義務になったら楽しくない。義務教育も過ぎた今せめて勉学だけは楽しく,無理なくありたいものだ。

 前置きはさておいて,この作者2人中々の経歴をお持ちだ。中小企業診断士やFPIなどの難関資格を大量所持している。ただ我々凡人が参考にできるかといったら正直言って微妙。だって,2人とも出身大学青山や中央だし。元々自頭がいい人達だし。そういう人たちが「自分は無能でした」なんて言いながら盛大にパレードするから,勘違い野郎が大量発生するわけで,大変困ったものだからもう辞めて頂きたい。

 ただ言っていることは間違いではないし,メゾットも使える。割と実行しやすい。書いてあることは当たり前なんだけど,そこどうクリアするかまで書いてくれている。だから何をすればいいかが明確になり取り組みやすさが変わる。特に隙間時間の見つけ方。好きなことを可視化したうえで優先順位を決め,そこから取捨選択をしていく。朝昼晩に分けてどの時間に何をしたかを書いたうえで時間を捻出する。他にも,ノートまとめよりもテキストに直書き,そのうえでどういったコツがあるのか等々他の著作ならば一言二言で済ませているようなものにも,”具体的に何をすればいいか”が明記されているので「そんなのわかってるよ!でもどうすればいいかがわからないんじゃあないか」といった現象に陥りにくい。それがこの本の魅力だと言える。

 しかし,こういった「快速勉強法」みたいな楽できます!みたいなのはあてにしない方がいい。それと同義で”逆転合格”なんてのも信用しないのが身のためだ。そんな世の中甘くない。結局この本だって3か月はコツコツやらないといけないし,楽できるわけではない。それでも人は楽できるという文言に非常に弱いからそういった甘言で釣るのは多々ある事ではある。しかし基本的にそういう人は痛い目を見る。世の中簡単に逆転できる何てことあり得ない。頑張った人でさえ報われない世の中なのだから,今まで頑張ってこなかった人が一念発起して頑張ったところでたかが知れている。そうならないためにも早いうちからコツコツ努力していかなければならないのだと私は大学受験で学んだ。メゾットは使えるが考えには賛同できかねる。これがこの作品に対する私の態度である。

 

超快速勉強法

超快速勉強法

 

 

読書記録6:大学一年生の文章作法

 前々回の記録である「読書記録4:脳にいいことだけをやりなさい」と同様,早期卒業を目指すのであれば無対策で突っ込むわけにはいかないと思って図書館で借りた本である。

 前者は少し題名と内容が違った為本来の目的と大幅に逸れてしまった。しかしこれに関しては目的通り欲しかった知識がちゃんと記載されていたし,就職活動の際の履歴書制作のコツや講義ノートの取り方のおまけつき。これは先輩方にもおすすめできる内容。ただ内容としては,「誤字に気を付けて!」「接続語の適切な使い方をマスターしよう」「同じ言葉を使うと文章が下手になるから語彙力を鍛えよう」などの基本的なことが多かった。とはいっても,基礎が案外疎かになっているかと思う所も腐るほどある。特に私達はインターネットの検索エンジンの普及によって例え曖昧な知識のままであっても通じてしまう,何とかなってしまう時代に生きている。“今の若者は漢字が書けない!”と一時期問題になっていたが,間違ってないと思う。言葉の意味や漢字,使い方が本当にあっているのかを精査するという以前は行われていた需要な作業が今ではすっかりご無沙汰になってしまっている。

 勿論前記のような超超基礎的なことばかりではなかった。特に印象的だったのは「修飾語の順番を工夫してなるべく誤解の起きないようにしよう」という項目である。貴書には練習問題も収録されているのだが,この部分が一番難しかった。え?なにかおかしいことある?と思うような文でも“これは誤解を招く恐れがある”とか“この論理は飛躍しているので説明が必要だ”とか言われると如何に自分が文章を雑に読んでいたのかがわかる。あんまりそういったことを考えずに知識を汲み取るといったところに注目しすぎていた。自分が何を伝えたくて,その根拠はこうでといったことを誤解がないように工夫しつつ論理的にかつ明確,的確に伝えなければならないとなるとレポートや論文って思っている以上に大変だ。

 話は変わるが「その課題は何のために出されていて,何を求められているのかを常に考えなさい。」というのはド正論であり,私達“課題を与えられる側”の義務と言えるだろう。しかし,大事だけど疎かにしがちだ。ここを根底に考えないと趣旨がずれてしまうかもしれない。大事な要綱を抜かしてしまうかもしれない。そうしたら,良い評価なんてもらえない。それだけではない。ただのやっつけになってしまう。それは最早学びと言えるのだろうか。多分言えない。ただ殆どの学生がそんなものなのかもしれないから,せめて自分はそうならないようにしたい。 

 

 

大学一年生の文章作法 (岩波テキストブックスα)

大学一年生の文章作法 (岩波テキストブックスα)

  • 作者:山本 幸司
  • 発売日: 2014/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

読書記録5:葉桜と魔笛

この本は所謂大人向けの絵本というやつで,画風が好みだったからという理由だけで手に取った。まさか原作が太宰治でしかも一部を現代文で読んだことがあったとは思わなかったが,なんだか不思議な縁を感じる。 

 

葉桜と魔笛 (立東舎 乙女の本棚)

葉桜と魔笛 (立東舎 乙女の本棚)

 

 

 太宰治の作品は「人間失格」「走れメロス」「黄桃」と「グッド・バイ」が途中という具合なので作家名で本を選ばない私にとっては一番読んでいる作家だ。まだ大きい口を叩ける身分ではないのは重々承知であるが,彼の作品には割と屑な男が多いような気がする。頼りなかったり,流されたりあんまりいい印象を覚えない人が必ず1作品に1人は出てくるような,出てこないような…。(「走れメロス」には元ネタが存在するので,それに当てはまるわけではない。)

 まぁこの作品に太宰特有なのかもしれない屑男は出てきはする。しかし,実在はしない。一人の少女が作り出した架空の人物である。何故あんな屑男を生み出したのか,どうせ空想なら,もっといいひとがいたでしょうにと思わなくもないが,この時代の誠実な男性という者は婚前交渉などしないのだろう。作品の舞台は日露戦争辺りであることが作品にも明記されているので,調べてみることにした。調べてみると意外なことに,つい最近(戦後直後辺り)までは恋愛結婚はマイノリティ側であり婚前交渉も当たり前ではなかったらしい。恋愛結婚が主流になったのは1947~1949年に生まれた団塊世代と呼ばれる人達で,彼らがデートというものを作り上げた世代だと言われるとなんだか不思議な気持ちがする。だって文豪が活躍した明治~大正の間にはラブロマンスと呼ばれるジャンルが流行して,恋愛を取り上げた名作も多数世に出ていたではないか。ただしここでは,恋愛というものが当たり前ではない,非日常であったからこその流行なのかもしれないと思うだけにしておく。というか「実はこの作品に出てくる屑男さえもあんただったりする?」と彼に問いただしてみたくもなる。彼は自分の作品にちょくちょく自分の事を書くのがお好きなのかもしれないなんて思ってみたりもする。

 大幅に脱線したので話を作品に戻そう。この作品の一番の見せ場,起承転結で言う“転”の部分で,何故主人公である“私”の妹が貧乏詩人の男という仮想の相手を作って今でいう自作自演を行ったのかを吐露するシーンがある。妹は病気であり,恋どころか男性と話す事さえなく命を終えるということに対して恐怖を持っていた。そんなの嫌だと思っていた。

「姉さん、あたしたち、間違っていた。お利口さんすぎた。ああ、死ぬなんて、いやだ。あたしの手が、指先が、髪が、可哀そう。死ぬなんて、いやだ。いやだ。」

このセリフが物語っている人生への後悔や死への恐怖。私達もいつそうなるかわからない。今は特にコロナが流行っているから,もしかしたらコロナに感染してこんな心情になるかもしれない。恋愛絡みでなくても,もっといろんな所に行けばよかったとか,もっと学びたかったとか,親孝行すればよかったとか思っている以上にきりがない。“死ぬときに公開する事”なんてネットで出回っているくらいだから,死期を悟る=後悔が生まれる時期なのかもしれない。それでも死期を悟ったとしても,後悔しない!ってぐらいやりきれる人生を送りたいものだ。

読書記録4:脳にいいことだけをやりなさい

 高校までの勉強と大学以降の勉強法は違うと仮面浪人期間中に学んだ。これからは早期卒業を目指すのだから,無対策で授業に挑むわけにはいくまいと思いこの本を図書館で借りて読んだ。結局自分の求めている事とは違ったが読んで正解だったと思う。

 まぁ自分が脳にどれだけ悪いことしかしてこなかったかを痛感させられた。だから今まで失敗してきたのかと少し落ち込んだ。やはりネガティブ思考は体に毒だし,孤独も,他者を許さないのも,自分が良かれと思ってやっていた事全てが自分にとって悪いことであったと自覚せざるを得なかった。やはり負の感情が動機になると何も上手くいかないのだろう。そこをいい加減治さないと,ずっと負の連鎖が続いていく気がしてならない。この本との出会いはある意味運命だったのだろう。

 この本は”頭が良くなるには”というより,”どうしたら幸せになれるか”に関する内容の方が多かった。巷で話題の「引き寄せの法則」の正しいやり方及び科学的な根拠や経験 談が多く乗せられていた。しかし,中にはこれは厳しいのでは?といった内容もあったから余り真面目にやりすぎるのも良くないのかもしれないが「常に周囲に感謝をすること」や「ないものよりもあるものに目を向け,どうにもならないことは受け入れる。」,「天は必ず味方をしてくれるので,きついことでも何か学び取れることはないかを探す(つまり,+に受け取る)」といったことは意識すればすぐに出来ると思う。

 幸福とは貧富や能力の差ではないことは薄々感づいてはいたが,そのノウハウは知らなかったし,そういうのって科学的な根拠がなく,宗教のような危険な要素にも結び付いていることが多いので中々学び取ろうといった気持ちにはなれなかった。勉強法や脳にとって何が健康であるか,効率のいい勉強法や思考法等を学び取るつもりで本を探していたので,本来の趣旨とは逸れてしまったが,これもまた運命というか,御縁といったものなのかもしれない。

 余談だが明治維新も打倒江戸幕府だったしそういった意味で行けば上手くいかなかったのも納得だなぁなんて考えたりもした。

 

読書記録:日本のヤバい女の子~静かなる抵抗~

 只今読書がマイブーム。受験で読めなかった本を読み漁り,読んだ時に思ったことや考えた事も記録する。いつまで続くわからないけどできる範囲でやってみている。今所楽しくて仕方がない。小学校の頃はあんなに嫌いだった読書や読書感想文をここまで好きになるとは思わなかった。人生何があるか分かったもんじゃないな。強制の呪い恐るべし…強制されると途端にやる気がなくなる。

 話を戻そう。今回の記録ははらだ有彩さんに「日本のヤバい女の子~静かなる抵抗~」という本である。この本は日本神話や伝承,能などに登場する女の子達の話を簡潔に説明し,そのあとにはらだ氏が感じた事や思ったことを綴っていくというスタイルであり,1話1話が短いので隙間時間に読むことが出来る。学術書の様なお堅い文体とは程遠いのでそういうのが苦手な人でも手に取りやすい作品だと思う。

 歴史を現代の感覚で語るのはナンセンスという人がいる。そういう意味で行けばこの本はナンセンなのかもしれない。けど女の子は共感の生き物だし,それがきっかけで興味を持ってくれれば歴史学の振興にも繋がる。始まりはなんでもいいんじゃない?偶然読んだ古典の登場人物に共感したでも,乙女ゲームだろうと歴史的事実ガン無視のバトルアクションゲームだったとしても。興味をもったことに変わりはない。好きこそものの上手なれって言うじゃない。なにもかも興味がなければ始まらない。

 それに,今にも昔にも通じることってあるじゃん。今も昔も女の子は差別や性的搾取,偏見と闘っている。昔の女性は従順だったてよく聞くけどそんなこともないんじゃない?昔からそういったものに抵抗している。今も昔も戦っている。女は強いっていうけど本当にそうだと思う。じゃなかったら,こんなにもいろいろな伝承や神話にこんなにも戦い、抵抗し、主張する女の子たちが登場しない。そんな気がしてならない。

 

 

日本のヤバい女の子 静かなる抵抗

日本のヤバい女の子 静かなる抵抗

  • 作者:はらだ 有彩
  • 発売日: 2019/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)