Abit

自由になりたい学生の雑記ブログ

大麻使用って合法なの!?

 今月21日に財務省は「税関における大麻の押収量が前年同期と比較して3倍近くになっている」という統計を発表した。これは,日本での薬物の需要が増加していることを表していると言っても過言ではない。需要が増えたからこそ,供給量も増えるというものだ。実際これを裏付ける統計も存在している。警視庁の『令和元年における 組織犯罪の情勢』に掲載されている「大麻事犯の検挙人数」によると,検挙人数は前年よりも大幅に増加していることがわかる。やはり,今まで以上に大麻が売れていると見てよさそうだ。
 

f:id:unknownknow:20210923014037p:plain

資料を見た上での疑問点

資料:大麻事犯検挙人数

 2771(H27)→3439(H28)→3965(H29)→4687(H30)→5435(R1)
 
資料:麻薬等向精神薬事犯及び覚せい剤事犯検挙人数
  15985(H27)→15219(H28)→14325(H29)→14315(H30)→12020(R1)
 麻薬等向精神薬
  706→784→840→862→945
 
 しかし,当該資料をさらに詳しく見ていくと,麻薬及び向精神薬事犯は増加しているもののそもそも検挙人数が少なすぎる。覚せい剤に至っては前年よりも検挙数が2000近く減少している。一見,覚せい剤の方が手軽なように見えなくもないが,一体何故今になって大麻の検挙人数が増えているのだろうか。
 

大麻は所持が駄目でも使用は良い?

 

f:id:unknownknow:20210923002354j:plain

 去年になるが,某人気YouTuberが大麻使用を暴露されて問題になった。海外だったから,犯罪にはならずに今は元気に活動をされている。その後もたびたび他のYouTuberの薬物使用疑惑が暴露配信で出てくるのだが,そのたびに大麻は所持が駄目だけど,使用は犯罪じゃない。」という主張である。それは本当なのだろうか。
 

大麻取締法第3条

大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。

⓶この法律の規定により大麻を所持することができる者は、大麻をその所持する目的以外の目的に使用してはならない。

 
上記の法律を見ると,大麻取扱者以外は”研究の為”に使用してはならないので,普通に使う分にはOKだ。多分これが使用は犯罪じゃない主張の根拠なのだろう。ぱっと見た感じ,大麻取締法は”販売側”の禁止規定を設けているものが多く,こういった現状が大麻使用適法説の原因となっていることが予測できる。いやぁ,文言解釈という立派な解釈方法だとはいえ,なんだかああいえばこういう理論といいますか,頓智みたいだなとはおもいますがね。
 

勿論駄目だよ☆

 頓智で返されるなら頓智で返したろ☆
そもそも,大麻を使うという時点で所持しとるやん。使う為に手を使わないの?例えば注射器に入れるとか,あぶるとかで絶対に手に持つじゃん。はい!アウト!!所持はだめですよ!大麻取締法3条違反です!
 
😅😅😅😅😅
 
流石に頭悪すぎるのでおかわりしますね💦
売買契約は所有権の譲渡だから,大麻を買う→大麻の所有権を譲ってもらうということになる。
 
法律的に持ってるじゃん
 
アウトじゃん🚓🚓
 
それに,使用は罪にならないとは言うけどもし本当にそれが適用されるのであれば,尿検査して陽性なら逮捕!なんてなりません。”使用している=所持している”(=所持は違反)という認識が警察にもあるからこそ,現行犯でなくても検査の結果で逮捕出来るのではないでしょうか!(知らんけど)

f:id:unknownknow:20210923002429j:plain

結論

 学士一年未満の法律超初心者の考えなんて参考にもなりませんが,個人的な結論としては
 
 
   使用が違法ではないのは本当だけど,使用の時点で所持になるからアウト。    
 
 間違ってましたら,根拠や判例とセットでお送りください。訂正します。
 

何故”研究のため”を入れたのか

こんな抜け穴になりかねない文言,何故入れたのか。それは大麻は医療行為にも使われており,本来は所持できない人の大麻を使用した研究及び実験を禁止する法律だったからなのでしょう。一般に使われると想定していなかったはずはないので,恐らく昔は一般人による使用(普通に使う)のはOKだったのかもしれません。私自身も戦争において大麻がよく使われていたなんてのも聞いたことがありますし,大麻の本格的禁止は戦後の大麻規制法制定が始まりなわけです。もしそれが本当だとしても”研究のため”って言葉入れないほうがいいとは思いますがね。
 

覚せい剤は使用禁止!?

 大麻はOKじゃあ覚せい剤は!?と思う人もいるでしょう。
残念(?)ながら覚せい剤の使用は法律できちんと使用が禁止されている
 
覚せい剤取締法第十九条 
 次に掲げる場合のほかは、何人も、覚醒剤を使用してはならない。
 
大麻使用は合法という言葉と同時に覚せい剤はアウトというのが広まった結果として,大麻の方が使用されるようになったのではないでしょうか。みんな捕まりたくないですもんね。
 

薬物ダメ絶対

 法律ではOKとかなんとか言いますが,それでもやはり身体に大きな損害をもたらすのが薬物です。最近はネットでも買えるようになったり,銀行引き落とし((笑))なんてのもあるみたく一層我々の生活に近づいてきていることを実感しなければならなくなってきました。一番は大麻取締法の改正だと思います。一律に使用を禁止してから,例外として研究や医療行為を除けばいいのです。そうしないと,大麻は合法なんて言葉がどんどん広まっていく💦💦ですが,それよりもまず,手を出さない,手を出すような人間関係を構築しないのが一番だと思います。気を付けたいところですね~
 
―——————————————————————————————————————
参考文献
 令和元年における組織犯罪の情勢
  著者:警視庁
 
大麻の押収量3倍、SNS通じ入手が増加…MDMA錠剤は36%増
 「yomiDr.」
 
若者を中心に大麻による検挙者が急増! 「誘われて」「興味本位で」が落とし穴に。