Abit

自由になりたい学生の雑記ブログ

死にたいと思う時

 最近,自分を責めることが増えた。

 

不調を甘えと捉えて無理をして,無理がたたれば自分を無能と言って責める。

 

元々自己肯定感はないに等しいが,

自罰感情は強いので,精神的に不安定になると

いつもさも自分が人を殺したかのような精神状態に追い込まれる。

 

いや,自分を殺そうとしているのだから,殺人かもしれない。(法律的な意味ではない)

 

「こんなことをしている暇があるならば編入(司法試験)の勉強を!」

 とどんどん他のことが億劫になってくる。

 

毎日風呂に入ることもままならなければ,食事もあまりとらなくなった。

疲れてはいるので,睡眠はとれている。

とはいえ,早起きの習慣を付けるために強引にほぼ毎日1限を入れたから,

総時間は3時間とか4時間なのだが。

帰宅後座ってしまうとぼーっとしてしまう。

それさえなければ,もっと早く寝れるのだが…。

 

 愚痴を言うことも出来なくなった。

突飛な夢を持てるのは金銭的に恵まれている者だけ,だから愚痴を漏らしてはいけない。

そう思うようになっていった。

まわりが,働きはじめて,知人が金銭的に大変なことになったからと言うのが大きい。

ただ,恵まれている以上常に慎ましやかに,謙虚に生きなければならない。

そう思うようになってから,本音で話すことも,愚痴を漏らすこともなくなった。

言えなくなった。

 

今は生きてることそれ自体が辛い。

さっさと死ねばいいのにと思っている。

だからと言って死ぬ勇気もない自分にさらに嫌気がさす。

無能の癖に,望みだけは高いのも腹が立つ。

自分のすべてが嫌いで仕方がない。