Abit

自由になりたい学生の雑記ブログ

編入試験体験記vol.3 ー法政3年次編入学試験 受験実感ー

 勉強時間,スケジュールと続きまして勉強法と行きたいのですが,ちょっと時間がかかりそうなので受験実感を先に書きますね。

 再現答案に関しては演習が夏以降でも間に合う事,きちんと過去問として公開されてからの方が確実かつ分かりやすいと思うので夏以降に特別版として公表します。ですのでもう少しお待ちください💦💦

 

ー目次ー

 

1:過去問について

 法政大学では過去問を過去2年分インターネットで公開しております。まぁ,著作権の関係で英文までは見れないというのが多々あるのですがこれで大体の傾向はみることが出来ますし,法学に関しては著作権の都合でほぼ非公開ということはないのである程度の対策は立てやすいかと思います。

 また,編入予備校のイベントで過去問が公開されていることが多々あるのでそちらの方に足を運ぶと10年分ほど一気に見れちゃいます。自分も中ゼミさんの説明会の時に閲覧させて頂きました。

 他にも,大変よろしくはないのですがメルカリで過去問を販売している方もいます。編入予備校のイベントもない,過去問のインターネット公開もないという場合はそちらをあてにするのも良いかと思います。

 詳しいことは「●●大学 編入」で検索するのが良いかと存じます。

 

2:個人的な過去問分析

 主観ではありますが,法政大学の過去問の分析をここに載っけておこうと思います。

あくまでも個人的な主観であることはお気をつけください。

また,恐らく来年度はさらに難化する可能性があることからこれを見て油断なさらないようお願いします。

 

2.1:法学

 基本的には憲法,民法総則,刑法総論の範囲が出題されるんだなという印象でした。基本的には基礎的な用語の説明だったので,司法試験や授業外の特別なことはやる必要がないと判断しましたね。最終的に授業をほぼ全切したのもこれが理由です。用語を確認して,それについて多く論じることが出来ればいいかなという印象を抱きました。

 加えて一昨年位から民法において連続で事例問題が出題されていることから,今年も絶対に事例問題が出るなと思っていました。ここに関しては司法試験の勉強を流用すればいいから,大丈夫だろうという大は小を兼ねる作戦。まぁ司法試験の勉強に基本書を通読すればなんとかなるっしょという極めて安易な路線決定です💦

 これは法政だからどうにかなったと言わざるを得ないです。用語説明を課す大学はこれで流用できると思いますが,特定事象について論じろと言った小論文が課される場合のことは僕はわからないです。申し訳ない💦💦こういった大学毎,試験毎に特色が異なるので早いうちから過去問を見て,どういう勉強をするのか,予備校に通うのかを決めた方が良いでしょう。

 

2.2:英語

 英語は,一般受験の長文1題のみを60分丸々使えるなという印象でした。超高速処理が必要とされる一般入試よりはるかに楽です。(あくまでも個人の感想)長文の精読と前置詞が出来れば恐らくなんとかなります。英検の過去問やBBCニュースをみるのはお勧めです。

 

3:受験実感

3.1:法学

 実際に試験を受けてみた感想ですね。採点実感をもじって受験実感とします。(笑)

憲法の出題はまぁあり得るよなと言う感じ,刑法はまさかそこで論述出すかw,民法はこれなに書きゃええん?と言う感じでした。

 憲法は某教会の件を彷彿とさせる内容でした。ですが,宗教団体の信教の自由の限界については基本書でやっていなかったので,何とかひねり出して法人の政治活動の自由を応用した形にしました。司法試験の勉強やっておいてよかった💦💦といった感じです。

 刑法も某教会の件を彷彿とさせる内容でした。(某教会好きすぎでしょ)ゴリゴリの司法試験の論述だったのでもろ司法試験の論述のやり方を流用しました。故意の認定について説を沢山覚えたの無駄でしたね…。これもまた司法試験の勉強やっておいてよかったと言った印象です。

 民法不法行為による損害賠償請求権の消滅時効について論じろでした。

 

「は?そこ?」

 

真っ先に思ったことです。消滅時効について出るのは想定内,ですが有斐閣ストゥディアでも最後の最後のちょっと図があるだけのこんなニッチなところを出してくるとは…一瞬頭真っ白になりましたね。ですが,軽くまとめた例のノートにストゥディアの図を丸パクリしており,それを思い出したおかげで何とかなりました。

 消滅時効は改正が多く,複雑なので今思うとここ出てもおかしくなかったと思います。これは自分のツメが甘かったと言わざるを得ません。ただ,ずっと民法で事例問題が出るからと言って用語説明の練習を怠らなかった自分をほめたいです。何があるか分からないからこそ,どう出て来られても対応できるようにしておくに越したことはないでしょう。

 

3.2:英語

 法学の時点で落ちたと思ったので,ヤケクソでした。覚えてません。ですが,読みにくい~とは思わなかったです。英検準1級で事故らなければなんとかなるので多くの人が言っている一般受験で法政受かるレベルであれば受かるのは本当なのでしょう。

 

3.3:総評

 受験者数的にも問題的にも去年より難化しています。今まで見たいに基礎だけで大丈夫とか思っていると恐らく事故ります。ですので,憲法は入門書で終わらせず,基本書を通読してみる,刑法も各論までさらっとやってみるといった一歩進んだ対策をしておくと安全だと思います。

 

4:おまけ ー過去問練習の時の答案公開ー

 まぁた長くなってしまいました。ここまで読んでくれたお礼と言ってはなんですが,過去問演習の時の答案を公開しようと思います。問題に関しては無断転載が禁止されているので,問題はネットで各自見てください()。恐らく今年度の問題が公開されたら2021年度の問題は非公開にされてしまうので,2022年度分を公開しますね。練習段階でここまで書けたら安心かもです。ちなみに時間は試験時間と同様の1時間です。

 

2022年 法政 編入.pdf

 

🌟過去の編入体験記記事はこちら

 

unknownknow.hatenablog.com

unknownknow.hatenablog.com